美しい着物姿で写るためのポイント

洋服の時と違って、和装で撮る写真は和装特有の「絵になるポージング」があります。フォトスタジオで和装写真を撮る時も美しく写るためのコツを覚えておくと、緊張せずにリラックスして撮影に望めます。

― 背筋をピンと伸ばす ―

美しい着物姿で写るためのポイント

着物や袴は着慣れていないと猫背になりやすいため、意識して背筋を伸ばしましょう。顎を引いてお腹をひっこめるようにイメージするのがコツです。特に袴の場合はウエストの位置が高く、上半身がよく目立ちます。普段から猫背気味という方は、壁に背をつけて立つ練習をすると美しい立ち姿勢をイメージしやすくなります。

― 体を斜めにして立つ ―

着物は、もともと体のラインを出さないように着る衣装のため、正面から見た時は帯などによって太って見えてしまいます。そのため、カメラに向かって少し斜めに立つようにしましょう。そうすると女性らしいラインが出て、スッキリとした写りになります。白や淡いピンクといった膨張色の着物を着る時は、特に意識したいポイントです。

― 肩を落としてなで肩にする ―

着物姿は、なで肩のほうが美しく優雅に見えます。ただ、緊張すると肩が上がり気味になりますので、意識して脇を締め、肩を落としましょう。

― 肘を曲げて指先を重ねる ―

おしとやかで上品に見せるコツは、肘を曲げて指先を軽く重ねるポーズです。特に振袖の場合は腕を下ろしているとだらしなく見えることもあるため、少し肘を曲げたり、手を体の前に持ってきたりして表情を持たせるとキレイに見せることができます。

― 内股気味に立つ ―

着物の裾がはだけないよう、つま先を揃えて内股気味に立ちましょう。片膝を少し曲げて立つと女性らしさがアップします。袴の場合はヒールブーツを合わせることが多いため、着物よりも動きやすく様々なポージングが楽しめますが、動作が大きくなると着くずれしやすくなるので注意しましょう。

熊本・光の森にあるポートレート写真館「AS Photographic Studio(アズフォトグラフィックスタジオ)」では、家族写真プロフィール写真をはじめ、成人式、七五三、マタニティフォトなど、思い出を写真として残すお手伝いをいたします。
光の森にたたずむ真っ白なフォトスタジオで行う自然光撮影は、太陽の柔らかい光に包まれた立体感のある仕上がりが特徴で、デジタル加工無しでも美しい写真になります。従来とは一味違う、スタイリッシュでおしゃれな写真を残したいとお考えでしたら、ぜひAS Photographic Studioへお任せください。

熊本の写真館【アズフォトグラフィックスタジオ】 概要

会社名 アズフォトグラフィックスタジオ -AS Photographic Studio-
所在地 〒869-1108熊本県菊池郡菊陽町光の森4丁目9-3
電話番号 096-288-9956
FAX 096-288-9956
メールアドレス info@as-studio.jp
URL http://as-studio.jp/
業務内容 スタジオ撮影/ウェディングスナップ、学校写真などの出張撮影/ラボ事業
説明 熊本の写真館『アズフォトグラフィックスタジオ』では、成人式や結婚式、七五三など記念日の写真撮影や家族写真、ポートレート、プロフィール写真の撮影などを承っております。

熊本の写真館で七五三や成人式、結婚式の撮影をお考えならアズフォトグラフィックスタジオへ。